ためしてガッテンより「糖尿病は完治できるか?」について

ためしてガッテン(NHK,6月10日放送)で、「食べて糖尿病大改善!医師も驚く驚愕最新ワザ」という特集をやっていました。

普段の食事にある物を一品加えるだけで、血糖値が下がって、糖尿病になりにくい体質、完治に向けての期待ができるのだそうです。

ある物というのは、野菜でした。

「野菜が糖尿病にいい」と言うことは、「ためしてガッテン」ではもう放送していてるし、一般的にも知れ渡った情報ですが、今回の内容は、インスリンを出すスイッチが腸内に元々あり、野菜を食べることでそのスイッチを増やすことができるということだったのです。

スポンサードリンク



インスリンを出すスイッチとは?

腸内のインスリンを出すスイッチとは、インクレチンという腸のホルモンだそうです。

インクレチンには、腸が食事を吸収する時に腸から分泌されて、すい臓のβ細胞に働きかけてインスリンの蓄積・分泌を促進させる働き(スイッチ)があるのだそうです。

(膵臓のβ細胞については、以前も「ためしてガッテン」で特集がありました。その際は完治された方もいたとのことです)

しかも、血糖値が上がってからスイッチが入るすい臓のスイッチよりも、食物がスイッチを押す腸内のスイッチのほうが反応が早いらしい。

で、そのスイッチを増やすことができるのが、バクテロイデスという腸内細菌なのです。

バクテロイデスを腸内で飼って、ペットに餌をあげるようにバクテロイデスに餌を与えるのが、水溶性食物繊維を豊富に含む野菜だということだそうです。

腸内細菌というペットに餌を与えるという考え方が、新しくて画期的ですね。

番組に出演してバクテロイデスのことを紹介してくれたのが、日本内分泌学会会長であり慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科教授の伊藤裕(ひろし)先生。

伊藤裕先生は、糖尿病患者と協力してデータを集めながらバクテロイデスの研究をされている先生だそうです。

伊藤教授によると、バクテロイデスの研究はここ数年で新しく始まった研究で、医学界でも注目されている研究なのだということです。

伊藤教授のおっしゃっていた腸内細菌に与えるエサが、イヌリンというものでした。

スポンサードリンク



食事に一品を加えた効果・・・・・・・

「ためしてガッテン」では、男女3人に普段の食事に野菜を一品加える実験を2週間行って、いちばん血糖値が下がったOさんは、血糖値が154mg/dlから118mg/dlに(-36)下がって、ほぼ正常値になっていました。

炭水化物やカロリーを制限するのではなくて、普段の食事に一品追加したのに、たった2週間でこの効果はすごいと思います。

完治への期待が膨らみます。

「ためしてガッテン」の実験では、ひじき・ゴボウ・大麦入り玄米ご飯などを食べてください・・・・ということだったそうです。

普通の食材で水溶性食物繊維が多い食べ物は?

根菜類(ゴボウ・ニンニク・タマネギ)、海藻類、
ネバネバした食品(納豆など)が、水溶性食物繊維を多く含む食べ物です。

^^^^^^^^水溶性食物繊維とは?^^^^^^^^

食物繊維には水に溶ける“水溶性食物繊維”と水に溶けない“不溶性食物繊維”。

この2種類存在するのですが、前者の水に溶ける“水溶性食物繊維”についてのご紹介です。

水溶性食物繊維は、海藻・果物類に豊富に含まれています。

食物繊維のイメージが強いのは“野菜”だと思いますが、野菜は主に“不溶性食物繊維”を多く含みます。

しかし、中には水溶性食物繊維も多く含んでいる野菜もあるので、それについても紹介します。

ちなみに、水溶性食物繊維の効果として、以下のものが代表的です。

・食欲を抑える
・血糖値の上昇を抑える
・コレステロールの排泄
・便秘改善

水溶性食物繊維の多い食品

■海藻類

「海藻類」の画像検索結果
・寒天・ひじき・めかぶ・わかめ・もずく・昆布など

 

 

 

 

 

■果物類

「果物」の画像検索結果

キウイ・バナナ・りんご・レモン・かき・もも・いちご・・・など

■野菜類

「ほく持つ繊維の多い野菜」の画像検索結果

・ゴボウ・アボカド・オクラ・モロヘイヤ・しゅんぎくなど

特に、ゴボウは“不溶性食物繊維”も野菜の中でも多く含んでいるので、
便秘解消には非常に効果的であると言えます。

■豆類

「納豆きな粉」の画像検索結果・納豆・きなこ

豆類は“不溶性食物繊維”が豊富な食材なのですが、
納豆・きなこは、食品は水溶性食物繊維も豊富に含まれています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これらの食品を毎回の食事の中に意識して取り入れることで、糖尿病の改善、完治に近づきます。

まとめ

腸内細菌をペットだと思って餌を与えること。
つまり、腸内細菌もちゃんと食べないと生きていけないので、毎日少しずつでもいいから与えてあげること
を続けていけば、糖尿病になりにくい体質に変えられ、完治も夢ではないようです。

体質改善なので時間もかかりますが今治療中であれば、それと並行して、一品加える作戦を続けていけばいいのだそうです。

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

こちらの記事もお勧めです

「高血圧の薬をやめる!」と宣言。副作用より怖いのは何?

スポンサードリンク





関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ