クレストールの ジェネリック としての発売時期について

定期健診の血液検査で、

「悪玉コレステロール値が高いですよ」

と言われて投薬が必要となった時によく処方されるのが、クレストールです。

クレストールは、血液中のコレステロールを下げる薬、スタチンです。

今回はクレストールとジェネリックについて調べてみました。

 

スポンサードリンク



クレストールとは?

クレストール(ロスバスタチン)は脂質異常症治療薬です。

「クレストール」の画像検索結果

中高齢者の死因の上位に挙げられるのは、脳や心臓に起こる血管障害です。

脳卒中や心筋梗塞などが病気として有名ですが、これらの病気の誘因となるのは、ずばり!!「動脈硬化」です。

動脈硬化とは読んで字のごとく、動脈が硬くなってしまう事です。

 

動脈の壁にコレステロールなどの脂質が沈着して、動脈の弾力性が失われて脳卒中や心筋梗塞などの疾患を発症してしまうのです。

そこで、コレステロールなどが沈着しないように、血液中のコレステロール値を抑える薬が、ロスバスタチン(商品名:クレストール)です。。

ロスバスタチンはスタチン系薬と呼ばれる種類の薬です。

スタチン系薬の中でも、比較的作用の強い薬がクレストール(ストロングスタチン)です。

脂質異常症の治療薬として多用されるスタチン系薬ですが、他には、ストロングスタチンとしてアトルバスタチン(商品名:リピトール)があります。

 

 

それまで、スタチン系薬の中でもアトルバスタチン(商品名:リピトール)が最も作用の強い薬でした。

 

ここにロスバスタチン(商品名:クレストール)が登場し、「アトルバスタチンより作用の強い薬」として注目を集めるようになりました。

 

 

いわゆる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と呼ばれ動脈硬化を引き起こす物質があり、脂質異常症の治療ではこのLDLコレステロール値を下げることが目的となります。

=====

こちらは如何でしょう?

整体師が教えるアンチエイジング無料メールセミナー

:血管若返りのための5つの生活習慣

5日間無料メールセミナー

=====

それに対して、

 

組織に沈着したコレステロールを肝臓に戻してくれる物質として善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールがあります。

 

脂質異常症の治療として、このHDLコレステロールを増やすことも必要です。

 

臨床試験ではロスバスタチン2.5mgの投与によってLDLコレステロール値を40.0%低下させ、HDLコレステロール値を5.6%上昇させたことが分かりました。

 

このように、血液中に含まれるコレステロール値を強力に是正する薬がロスバスタチン(商品名:クレストール)です。

 

ジェネリック(後発品)は、どういうものなのでしょうか?

ジェネリックは、先発品の特許期間(通常20年)が切れて、

特許権を持っていた製薬会社以外の各社が

自由に製造販売できるようになってから出る、

新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安い薬です。

クレストールは薬価収載・販売開始が2005年なので、

クレストールのジェネリック販売時期は、早くても2025年なる可能性が強いです。

jenerikku

 

「ジェネリック」とは「一般的な」という意味で、「ジェネリック医薬品」とは一般的に広く使用され、

効能や安全性が確立された医薬品の事を意味します。

 

国家予算の中で年々医療費が膨らみ続けている昨今

ジェネリック医薬品は医療費削減の効果があると期待されており、

国も使用を推進しているお薬です。

スポンサードリンク



ジェネリックはなぜ成分や効果が同じなのに、安いのでしょうか?

img_cons02.png

新薬に比べて、開発費、研究費、販売費などが抑えられているからその分お値段がリーズナブルになっています。

新薬の開発には10~15年ほどの歳月と巨額の費用がかかります。

ジェネリック医薬品は、すでに安全性・有効性が確認された有効成分を使用しているため、

約5分の1くらいの短い期間で開発が出来ると言われています。

 

つまり、新薬に比べて少ない費用で開発することができます。

 

また、新薬は人件費として、医療関係者にそのお薬の使用方法や安全性情報の伝達または収集に莫大な費用を必要としますが、

ジェネリック医薬品ではそうした情報提供もすでに終わっているので、最小限にできるため、

価格を抑えることができます。

 

決して粗悪品であるとか、成分が劣化しているものではありません。

 

「ジェネリック医薬品」は、「新薬」と同じ効能で安全であると国が認められなければ、

製造することも販売することも許されません。

「新薬」と同様に、国が定める厳しい規制や基準をクリアして初めて、製造・販売できるのです。

逆に臨床データがすでにたくさんあるので信頼できるお薬といっても過言ではないと思います。

 

 

お薬を処方してもらう時に、

ドクターや、薬剤師さんに相談すると、適切なアドバイスがもらえるので、

遠慮せずに

「ジェネリックで」

といってみてください。

 

クレストールのジェネリックとしての販売時期は、いつでしょう?

上記にご紹介した通り、

ジェネリックは、先発品の特許期間(通常20年)が切れて、

特許権を持っていた製薬会社以外の各社が

自由に製造販売できるようになってから出る、

新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安い薬なので、

まだ、2025年以降となりそうです。

が、

 

2017年12月に販売予定という情報があります。

クレストールは脂質異常症のお薬として

広く使われているので、実現すると嬉しいですね。

 

 

 

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

      こちらの記事もお勧めです

脂質異常症とアルコールには関係があるのかを徹底解説

スポンサードリンク