生活習慣病の予防にラジオ体操は有効です。

生活習慣病とは、文字通り、生活習慣が引き起こす病気です。

逆に言えば、身体に優しい生活習慣をつければ、予防にも、改善にもなります。

生活習慣病の予防と言えば

適度な運動

バランスの良い食事

適度な休養

の3つがあげられます。

今回はラジオ体操について調べてみました。

スポンサードリンク



ラジオ体操とは?

ブリタニカ国際大百科事典には

NHKラジオ放送による号令に合わせて行う体操。

アメリカのメトロポリタン生命保険会社が健康増進,衛生思想の啓蒙を図る意図から

1925年に考案した体操を手本に,当時の日本の逓信省簡易保険局が日本での実施を計画,

28年国民保健体操として制定した。

同年11月に天皇の御大典記念事業の一環としてラジオ放送を行い,

別名ラジオ体操の名称で呼ばれるようになった。

45年まではラジオ体操は国民皆体操として普及し,第1体操のほか,第2体操(大日本国民体操),

さらに縄跳体操も放送された。

とあります。

ラジオ体操というと、子供のころ、夏休みに神社に集まって

毎朝、やっていた記憶があります。

今は働くお母さんが多くなったので、

夏休みの朝6時半に、あのラジオ体操の音楽が流れてくる

・・・という事もなくなったようです。

スポンサードリンク



 

そして今は同じく朝6時半から

テレビでラジオ体操ならぬ、テレビ体操をやっているのをご存知でしょうか?

 

大人になって本気でやってみると、

なかなか、大変な体操です。

大変・・・というより、よくできた体操だと思います。

私がラジオ体操(テレビ体操)を生活習慣病予防のためにお勧めする理由

ラジオ体操(テレビ体操も含む)は実に完成された全身運動です。

きちんとやると、身体の大きな筋肉、インナーマッスル、をくまなく動かす動きで作られています。

つまり、とても効果的な体操です。

家に居ながらにして、運動不足を解消できます。

朝一番で、さほどハードでもない、でもすべての筋肉、関節を動かすラジを体操を習慣化することで、身体を痛めることなく、鍛える事が出来ます。

しっかり呼吸をしながらラジオ体操をすることで、酸素を体内に取り入れることもでき、

体温も上がり、

免疫力もアップできます。

*早朝高血圧の人は主治医と相談の上・・・・

早朝高血圧についてはこちら→早朝高血圧の記事

そして、簡単です。

最近はDVDなどのエクササイズやダンス系のエクササイズも販売されていますが、

生活習慣病を意識する年代の方には,ちょっと難しかったり

ハードだったりします。

が、

ラジオ体操だったら、ほとんどの人が子供のころ、慣れ親しんでいたであろうと、推測できます。

実はラジオ体操もきちんとやろうと思うと、

かなりむつかしいですが、

まずは

「運動をする習慣を生活の中に取り入れる」

という事であれば、簡単に取り組む事が出来ます。

お金がかからない

というのも、魅力の一つです。

家でできるので、特別なトレーニングウェアも必須ではないし、

スポーツジムのように会費も要りません。

テレビのスィッチをいれるだけで、

解説付きの映像が流れてきます。

時間的に難しければ、「録画再生」という手もありますね。

まとめ

ラジオ体操がいま、注目されているのをご存知でしょうか?

生活習慣病は、自覚症状があまりないので、

会社の検診や、自治体の検診で、気が付くことが多いです。

はやめの対応が出来れば、薬を飲まなくても改善できるというのも

生活習慣病の、ある意味、ありがたい所です。

勿論、予防できれば一番いいです。

 

ちょっと生活を気を付けるだけで、

予防できる・・・・

でも、実はこの

生活習慣を変える

・・という事がなかなか大変なことでもあります。

健康で、長生きをして、自分らしく生きるためには

その年相応の「健康体」であることが望ましいです。

転ばぬ先の杖

是非明日の朝から、ラジオ体操に挑戦してみませんか?

=====

こちらは如何でしょう?

整体師が教えるアンチエイジング無料メールセミナー

:血管若返りのための5つの生活習慣

5日間無料メールセミナー

↑クリック、プリーズ

=====

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

こちらの記事もお勧めです

「高血圧の薬をやめる!」と宣言。副作用より怖いのは何?

スポンサードリンク



 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★