3分でできる生活習慣病のチェックリスト

生活習慣病は文字通り、その人の生活習慣の乱れや偏りからくる身体への緩やかな攻撃が、原因の病気で、初期症状や自覚症状が少ないというのが特徴です。

だから、病気が発覚した時点ではかなり進行している危険性もあり、また、生涯の投薬治療や厳しい生活制限を強いられることがあります。

そうならないうちに、まずは今の生活習慣が体を攻撃しているかどうかチェックリストを下記に書きましたので、チェックしてみてください。

スポンサードリンク



毎日の日常生活からわかる、生活習慣病になりやすい原因をいくつかあげてみましょう。

3分あればチェックできますので、やってみてください。

これによって、当てはまる確立の高い方は、すでに生活習慣病になっているか?

もしくは、生活習慣病になりかかっている可能性が非常に高いです。

当てはまった項目が多い場合については、この機会に、しっかり病院での検査を受けてください。

また、この結果から、今の生活習慣を改善し、健康的な生活を送っていきましょう!

ちぇくリスト

こちらは如何でしょう?

整体師が教えるアンチエイジング無料メールセミナー:血管若返りのための5つの生活習慣

5日間無料メールセミナー

生活習慣病チェックリスト

生活編

  • 40歳以上である
  • 20歳時より、体重が10kg以上増えている
  • お腹まわりがぽっこり出ている
  • 大食漢である
  • タバコを吸う
  • お酒が好きで、毎日2杯以上飲んでいる。
  • カラダを動かすのが嫌い
  • .1人で悩んでいることが多い。
  • ストレス解消方法というものがない。
  • 多忙で休養が取れない
  • ストレスがたまっている
  • 睡眠時間が日によって、一定していない。
  • 何かとイライラすることが多い。
  • 寝付くのが遅く眠れない、または、寝不足である。

スポンサードリンク



食事編

  • ご飯やパンなど(炭水化物)の摂取量が多い
  • 脂っこいものが好き
  • ほぼ毎日間食をしている
  • 深夜の時間帯によく飲食をする
  • 朝食は食べたり、食べなかったり
  • 早食い、ドカ食い、ながら食いが多い
  • 濃い味付けが好みである
  • 外食やファストフード、レトルト食品をよく利用する
  • 甘い清涼飲料水をよく飲む
  • 野菜や海草類の摂取量が少ない
  • 脂っこいものが好き
  • ほぼ毎日間食をしている
  • 深夜の時間帯によく飲食をする
  • 朝食は食べたり、食べなかったり
  • 早食い、ドカ食い、ながら食いが多い
  • 濃い味付けが好みである
  • 外食やファストフード、レトルト食品をよく利用する
  • 甘い清涼飲料水をよく飲む
  • 野菜や海草類の摂取量が少ない
  • 朝・昼・晩の食事を毎日食べていない。
  • 食事は、圧倒的に、外食が多い。
  • 食事に好き嫌いが多い。

運動篇

  • 通勤や通学以外で、30分以上歩くことはない。
  • 運動不だと実感している
  • 1日の歩数は7,000歩未満が多い
  • つい階段での移動を避けてしまう
  • 継続して行っているスポーツはない
  • アウトドア派ではない

生活習慣病チェックリストの結果

生活習慣病のチェックリストの中で、当てはまった○の数で診断します。

○が当てはまる数が1~10個

現在の生活スタイルでも問題はありませんが、できることならば、適度な運動(30分以上)と毎日の食事に気をつけましょう。
今は、まだまだ、生活習慣病ではありませんが、この先、○の数が多くなった場合、生活習慣病になる可能性が高くなります。
健康的な生活を心がけましょう。

○が当てはまる数が11~20個

生活習慣病の予備軍です。
現在の生活のままでは、生活習慣病になる可能性が非常に高いと思われます。

もっと、自分自身の生活習慣を見直し、○の当てはまった項目がなくなるように心がけましょう。
さらに、○が当てはまった数が、20個に近い場合は、生活習慣病の疑いがりますので、早めに医療機関で受診することをオススメします。

○が当てはまる数が21~30個以上

生活習慣病にすでになっている可能性が高いです。
今すぐ、医療機関を受診し、何が原因であるのか、しっかり確認し、食事治療や運動療法などで、これ以上ひどくならないように心がけてください。

今までの生活スタイルを変え、改善していくことが大切です。
自分でできることから、はじめてみましょう。

生活習慣病のチェックをしてみて

チェックリストの結果はいかがでしたか?

もしチェック項目の○がついているところの生活を見直してください。

生活習慣病は、いくつかの病気が重なったことをいい、あまりいい状態でないことは確かなのです。

もともと症状のあらわれにくい症状が多いことから、もっと、自分自身の生活について再確認していける、きっかけになればと思います。

今のままじゃいけない!と思ったら、今から、生活習慣を改善していく行動が大切です。

その行動力によって、これから先、病気に苦しむかどうか?というこれからのあなたの人生を左右するのです。

今一番必要とされているのは、予防医学です。

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

      こちらの記事もお勧めです

脂質異常症とアルコールには関係があるのかを徹底解説

スポンサードリンク