脂質異常症と血圧上昇の関係について(含むアテローム動脈硬化)

脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化の危険因子で、高血圧を合併することが多く関係性の高い病気です。

高血圧症とは、正常基準値を超えた血圧値が慢性的に続く状態です。

高血圧と動脈硬化は相互に危険因子になって血管の老化を促進します。

そして、高血圧が長期間続くと、脳・心臓・腎臓・目などの臓器にも甚大な悪影響を及ぼすようになります。

高血圧と脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化性疾患を引き起こす危険因子になる病気として注意が必要であるにもかかわらず、単独では軽く見られがちのようです。

スポンサードリンク



脂質異常症(高脂血症)に合併症で高血圧があると、脳卒中や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)を起こす確率が更に高まりますから、一層の注意が必要になる病気と認識することが重要です。
高血圧と脂質異常症(高脂血症)は互いに危険因子となって動脈硬化を促進させる関係にあります。

血圧が高い状態が続くと、常に血管に余計な圧力がかかるため、血管壁が傷つきやすくなっています。

脂質異常症(高脂血症)が重なると、弱くなって傷付いた血管の内壁に増殖した悪玉コレステロールや中性脂肪が入り込み、血管はもろく細くなっていきます。

すると、更に血液が血管に圧力をかけて高血圧になるといった悪循環が生じます。

肥満を解消することが、脂質異常症(高脂血症)と高血圧の両方の改善に繋がることがわかっています。

脂質異常症(高脂血症)とその合併症を改善するには、まず生活習慣の見直しです。

高血圧や脂質異常症など生活習慣病と動脈硬化について

高血圧や脂質異常症、糖尿病などが話題になると、その都度、登場するのが「動脈硬化」

これは病名ではなく、変化した血管の状態を示す言葉です。

重大な生活習慣病と関連が深い動脈硬化ですが、日常生活に注意すれば予防、治療は可能なのです。

血管には動脈と静脈があり、動脈は酸素や栄養分を運ぶ血液の通り道。

心臓から勢いよく流れ出る血液を運ぶダメ血管壁は厚みがあり、しなやかで弾力があります。

この同薬の血管壁がコレステロールの沈着などによってだんだん厚みを増し、狭くなったり硬くなったりする状態が「動脈硬化」です。

動脈硬化は脳や心臓などの臓器、手足など体のあらゆる場所におこり、ゆっくり進行していきます。

動脈硬化が進む原因には、加齢と生活習慣の乱れがあげられます。

中でも重大なものは、もう卒中や心筋梗塞などの病気との関連が深いアテローム動脈硬化です。

これは加齢による動脈硬化と比べて成長が早いため、病変を起こした動脈の壁は破れやすく、血栓もできやすい状態です。

これも生活習慣を見直すことで改善が期待できます。

血管年齢を若くしましょう。

動脈硬化が進むと血管はもろく壊れやすくなります。

動脈の内腔が狭くなることで血液が流れにくくなり、血管をふさいでしまうこともあります。

脳に充分な血液が流れなくなった場合は脳細胞の働きが低下し頭痛、めまい、しびれ、記憶力の低下などのほか、興奮しやすくなるなど精神症状がみられることもあります。

動脈硬化によりもろくなった脳の血管が破れると脳出血、血栓によって脳の血管がつまると脳梗塞となります。

脳出血と脳梗塞をあわせて脳卒中といい、発作を起こしてしまうと、生命の危険があるばかりか、一命を取りとめたとしても重い後遺症を残す場合が少なくありません。

心臓の血管が狭くなると、どうきや息切れが起こりやすくなり、進行すると身体を動かしたときなどに胸がしめつけられるように痛みます(狭心症)。

血管が完全につまってしまうと心筋梗塞となり、重症の場合は死に至ることもあります。

脚に流れる血液が減ると、冷えやしびれを感じるようになります。

進行すると歩くときに脚が痛むようになり、壊疽を起こすこともあります。

そのほか、大動脈の壁がふくれあがる大動脈瘤、腎臓が機能を果たせず硬くなる腎硬化などを引き起こすこともあります。

動脈硬化は水面下でゆっくりと進行するため、初期にはこれといった症状はみられません。

身体にこうした症状がみられるようになる頃には、病状はかなり進んでしまっています。

スポンサードリンク



生活習慣と大きなかかわりがあるアテローム動脈硬化の危険因子

☆脂質異常症・・・ 血液中に含まれる脂肪分、つまりコレステロールや中性脂肪の量が多すぎる状態です。
過剰なコレステロールは血管の壁に取り込まれ、動脈硬化を促進します。

☆高血圧・・・ 血圧が高い状態が続くと、血管はしだいにもろくなっていきます。さらに、強い圧力がかかるために血管の壁が傷つきやすくなり、そこからコレステロールなどが入り込んで、血管の内腔を狭めていきます。

☆喫煙・・・血中のコレステロールが増加したり、血圧が上昇することが知られています。

☆糖尿病・・・ 脂質異常症(高脂血症)になりやすい傾向があります。また、血管のなかで血液が固まりやすくなります。

☆肥満・・・高血圧、高脂血症、糖尿病を起こしやすいことが知られています。

☆その他・・・ その他、運動不足やストレス、痛風の原因となる高尿酸血症も動脈硬化の一因となります。また、これらの危険因子は、ひとつひとつは重症でなくとも、複数が重なることで、動脈硬化の進行が加速されます。

血管年齢を若く保つために、気を付けること

☆食事・・・ エネルギーを摂りすぎないことが最も重要です。高血圧が気になる人は、塩分の量も控え、脂質異常症(高脂血症)の人は飽和脂肪酸を含む食品(動物性脂肪)と、コレステロールを多く含む食品を控えるようにします。

ビタミン類にはコレステロールが血管の壁に進入するのを妨げる作用があります。

また食物繊維には高血圧を改善したり、血中コレステロールを減らす働きがあります。

野菜や果物、海藻、きのこ、豆などをメニューに増やしましょう。

☆運動・・・適度に身体を動かすことは、脂質異常腫(高脂血症)や高血圧、肥満の予防になります。

歩行やランニングなど、持続的に行える運動が最適です。

効果をあげるポイントは、1回20分以上、週に2~3回、3か月以上続けることです。

ただし血圧が高い人は、心筋梗塞などの急な発作を防ぐため、医師と相談してから始めましょう。

☆薬物療法・・・ 食事の改善や運動によってあまり効果がみられない場合は、薬物療法を併用します。

血液中の脂肪分を減らす薬、高血圧を改善する薬、血栓ができるのを防ぐ薬などがあります。

まとめ

かつて動脈硬化は、進行することはあってもよくなることはないといわれていました。

しかし近年は、生活習慣の改善によって血管が若返ることが報告されています。

生活習慣の改善は、早めの取り組みが肝要です。

定期的に健康診断を受け、高脂血症、高血圧など、動脈硬化の危険因子が発見されたら、生活習慣を見直してみましょう

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

こちらの記事もお勧めです

脂質異常症とアルコールには関係があるのかを徹底解説

スポンサードリンク