運動不足を解消すると、脂質異常症の予防改善に効果があります

運動不足がコレステロールや中性脂肪を増やします。

脂質異常症の予防改善のためには生活の中に運動を取り入れましょう。

どんなに食事に気を付けていても、運動不足ではコレステロールや中性脂肪コントロールは難しくなります。

適度な運動をすることで、身体の脂質代謝が向上します。

余分な体脂肪を減らすので、コレステロールや中性脂肪など血液中の脂質を減らすことが可能になるのです。

脂質異常症は、バランスの良い食生活と運動不足解消で予防への効果ありです。

スポンサードリンク



脂質異常症とは・・・まとめてみました。

脂質異常症とは、血液中に含まれる脂肪の量が多すぎる、あるいは少なすぎるといった異常を示す病気です。

自覚症状のないまま、進行し、動脈硬化が起こって心筋梗塞や脳梗塞をきたすことがあるとても危険な病気です。

2007年以前は、高脂血症と呼ばれていました。

主な原因は食生活、喫煙、運動不足などの生活習慣にあるので、厚生労働省は、生活習慣病の一つとして、特定健康診断に脂質検査を設けています。

血液中に度の脂肪が多い(または少ない)かによって、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症の3つのタイプに分けられます。

診断基準は、空腹時の採血で

LDLコレステロール値140mg/dl以上は高LDLコレステロール血症

HDLコレステロール値40mg/dl未満は低コレステロール血症

ドリグリセリド150mg/dl以上は高トリグリセリド血症とされています。

LDLコレステロールは血管内皮に付着しやすい性質があり、HDLコレステロールは血液中のコレステロールを拐取して肝臓に戻す働きがあります。

トリグリセリドは中性脂肪の一種で内臓脂肪として蓄えられやすいモノです。
また、トリグリセリドが増えると、LDLコレステロールが増え、HDLコレステロールが減るため、結果的に動脈硬化を助長することになります。
治療は、禁煙、食生活の改善、適正体重の維持と運動不測の解消を柱とする生活習慣改善から始めます。
スポンサードリンク



脂質異常症の予防改善のため、運動不足を解消しましょう

images

 運動不足が続くと、脂質異常症や肥満、糖尿病、高血圧などの生活習慣病を引き起こす危険性が高まります。
また、内臓脂肪の増加でメタボリックシンドロームから、心筋梗塞、脳こうそくなどの動脈硬化性疾患を招く原因になることも解っています。
運動不足を解消して行くことが健康への切符です。
運動療法の効果
運動療法は、脂質異常症の改善、心筋梗塞、脳こうそくなどの動脈硬化性疾患を予防する効果があります。
脂質異常症への効果以外にも、
血圧や脈拍数の減少
HDLコレステロール値の増加、
中性脂肪地の減少、
血管拡張
利尿
食欲亢進
体重減少
便通改善
抗鬱作用・・・・・などの効果もあります。
運動が脂質異常症改善につながるわけ
 体内にある脂質はたんばく質と結合してリポタンパクとして血液の中を流れています。
リポタンパクのうちLDLは動脈硬化を進展させる働きがあり、HDLは動脈硬化を予防する働きがあります。
運動は、筋肉におけるインスリンの効きを良くし、【リポタンパクリパーゼ活性】を増やします。
その結果、中性脂肪値が下がり、HDLコレステロール値が増え、高脂血症が改善されていきます。
特に有酸素運動は、脂肪の利用率が高いので、脂質代謝改善には有効です。
有酸素運動とは、ウオーキング、水泳、水中歩行などの大きな筋肉を動かす運動の事を言います。
 

 運動の効果はこんなにあります

  1. 運動をすることでエネルギー代謝量が上がり、余分なエネルギーが中性脂肪に変わるのを防ぐ。
  2. 筋肉が活発に動くと血中の脂肪代謝が活発になり、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減少させる。
  3. 生活をするうえで最低限必要なエネルギー量「基礎代謝」が上がる。基礎代謝量が低い人ほど肥満になる可能性が高い。
  4. 運動を続けることで代謝機能が向上。中性脂肪を燃焼しやすい身体に変える。
 運動療法は長期的に続ける事が大切です。
「楽である」~「ややきつい」と感じるくらいの、少し汗ばむ程度の軽い有酸素運動(50%強度)を、一回60分間、週3回のペースで行ったときのHDLコレステロール値の変化を調べた研究では、運動の頻度が増えるごとにHDLコレステロール値が増えることが分かっています。
また、運動をやめてしまうとHDlコレステロール値が減って、元に戻ってしまいます。ただし、効果が出てくるまでの期間と程度は個人ごとに差があります。
   ※50%強度に相当する脈拍数の計算式は、「138-年齢×0.5」
★   ★   ★   ★
ちょっと一休み:ミニミニ情報
筋肉が行うストレスには解毒作用があるらしい
これまで筋肉を鍛えると脳に有益な科学物質が生成されるといわれてきました。
が、実際は・・・
鍛えられた筋肉が酵素を生成し、ストレスによる有害な物質を排除するそうです
運動する人たちの筋肉がかかるストレスは腎臓や肝臓の役割に似た解毒作用があると研究者の言葉があります。
運動は健康維持の味方だけでなく、
ストレスによるウツや高血圧の予防改善も期待できるとのこと。
ストレスをため込んで不調な毎日を過ごしている人は、運動で毒素をデトックスしてみてはいかが?
★   ★   ★   ★

まとめ

運動不足が脂質異常症を呼び込んだり、改善を足止めしたりします。
生活の中で運動を取り入れましょう。
激しい運動ではなく、身体に負担のない程度の運動を継続することが大切です。
運動することで脂肪燃焼し、しなやかな血管、サラサラ血を作ることができ、ダイエットの効果もあります。
 

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

      こちらの記事もお勧めです

脂質異常症とアルコールには関係があるのかを徹底解説

スポンサードリンク