2016年、高血圧治療の ガイドラインより

高血圧治療ガイドラインは5年ごとに見直されています。

現在(2016年)最新のものは2014年4月に改訂されたものです。

gaidorain

このガイドラインは、さまざまな研究結果を踏まえながらも、できる限り日本の実情に沿うように意識して作られています。

最新のガイドライン(2014年4月改定)に基づいて、日本の高血圧治療の概要をご紹介します。

スポンサードリンク



日本の高血圧の現状

高血圧の原因が、食塩過剰から肥満にかわりつつあります。

特に、中年以降の男性が要注意です。

★  ★  ★  ★  ★

脂質異常症や高血圧などの生活習慣病の原因の一つに「活性酸素」があります。

身体をさび付かせてしまう活性酸素を除去してくれるのが珪素

手軽にとれて携帯もできるこちら↓がお勧めです

 

★  ★  ★  ★  ★

2010年に行われた国民健康・栄養調査によると、30歳以上の日本人男性の60%、女性の45%が高血圧と判定されました。

年齢が高いほど高血圧がみられて、50歳以上の男性と60歳以上の女性では60%を超えています。

高血圧の有病者は、約4300万人(男性2300万人・女性2000万人)ともいわれています。

女性は減少傾向がみられているのに対して、中年以降の男性は上昇傾向がみられているので要注意です。

高血圧の治療薬を飲む方は年々増えていて、60歳以上で50%以上、70歳以上で60%以上となっています。

が、残念ながら、しっかりと血圧コントロールできているのは半数程度と言われています。

それでも、過去50年をみていくと収縮期血圧の平均値は年々減少しています。

このため、脳卒中の死亡率は大きく低下しました。

外国と比較すると、日本の脳卒中はまだまだ多いのが実情です。

日本はもともと食塩摂取量が多く、高血圧が多い民族でした。

近年、少しずつ減塩が意識されるようになっていて、塩分多過が原因の高血圧は減少気味と言われています。

その一方で、肥満による高血圧が少しずつ増加してきていて、徐々に食塩過剰摂取型から肥満型にかわり始めています。

血圧の基準値は、診察室血圧と家庭血圧で基準が異なります。

血圧は低めにコントロールしたほうがよいとされています。

高血圧の基準値をガイドラインに基づいてまとめました。

世界のガイドラインにおいて、診察室での血圧140/90以上を高血圧とすることは共通しています。

それ以下は正常とされていますが、できるだけ血圧が低い方が心血管病の発症率が低く、血圧が悪化しにくいことが研究で分かっています。

できるだけ低めに血圧をコントロールした方がよいという事です。

血圧は毎日同じ時間に測定すると良いので、最近では、家庭血圧を測ることが推奨されています。

家庭血圧では、135/85以上を高血圧とします。

至適血圧は125/80未満、この間を正常高値血圧としています。

また、血圧は1日の中で変化していて、一般的には昼に高く夜に低くなります。

24時間血圧測定を行う場合は、平均値で130/80以上、昼間血圧で140/85以上、夜間血圧で120/70以上を高血圧とします。

スポンサードリンク



★高血圧のリスク分析

低リスク~高リスクの3段階にわけて治療方針を決めていきます。

高血圧のリスク分類をガイドラインをもとに、わかりやすく整理しました。

高血圧を治療するにあたっては、リスクを総合的に考えていきます。

糖尿病は特に強い危険因子なので、糖尿病があると一発で高リスクになります。

それ以外にも、慢性腎臓病や血管系の臓器障害などがあると、すでに高血圧のダメージが臓器に出ているということなので、一発で高リスクとなります。

重度のメタボがある時も、糖尿病と同様に高リスクになります。

高血圧の治療方針について

まずはリスクで分けて、それによって薬での治療のスピードが変わってきます。

高血圧の治療方針について、ガイドラインに基づいてまとめました。

初診時に血圧が高くても、あまりに高い場合を除いては高血圧と診断はしません。

日を改めて複数回血圧を測定して高血圧かどうかを判断します。

家庭血圧の測定をしていただき、白衣高血圧や仮面高血圧がないかを確認します。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

白衣高血圧、仮面高血圧についてはコチラ→最高血圧の数値が180越えは要注意

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

その結果として高血圧が確認できたら、その原因が他の病気にないかどうかを検討します。

何か原因が見つかれば、その病気の治療をすすめていきます。

特に原因が見当たらない場合は、高血圧の治療がはじまります。

まず、治療のスピードを決定するために、リスク評価をします。

上述したように、低~高の3段階でリスク評価をします。

そして、すべての高血圧症の患者さんに、生活習慣の修正を指導します。

低リスクの方でしたら、生活習慣の指導をしてから3か月経過を見ます。

中リスクの方でしたら、1か月の経過をみます。

高リスクの方には、すぐに薬物療法を開始します。

薬を使う場合でも、その効果を高めてくれるので、結果として薬の量が少なくて済みます。

 

★降圧目標

降圧目標は年齢や合併症の有無によって違います。

高血圧の降圧目標について、ガイドラインに基づいてまとめました。

できるだけ低い血圧にした方が、心血管病のリスクが下がるといわれています。

正常血圧の中でも、より低い血圧を目指した方が、心血管系のリスクを減らすといわれています。

ですが、薬を使ってどこまで下げるべきかと考えると、ある程度の目安が必要です。

若・中年者では、140/90まで降圧できれば、心血管病のリスクが十分に低下することが示されています。

糖尿病や慢性腎臓病(CKD)の方では、心血管系のリスクが高いので、より厳格な130/80を降圧目標とします。

後期高齢者では、臓器障害を伴うことが多いので、血流が臓器に行かなくなってしまうのを防ぐために、緩めの150/90を降圧目標として、可能ならば140/90を目指すことになっています。

★生活習慣の修正

生活習慣の修正を基本にして、降圧薬を使っていきます。

生活習慣の修正は、薬を使うにしても必ず行います。

減塩や運動などの生活習慣のアプローチでは降圧効果に限界はあります。

が、お金もかからず安全性も高く、また生活習慣病全体に効果があるので、心血管系のリスクが減っていきます。

薬を使うにしても、その効果を高めてくれるので、結果として薬の量が少なくて済みます。

高血圧によい生活習慣を、ガイドラインに基づいてまとめました。

まとめ

日本の高血圧の原因は、食塩過剰から肥満にかわりつつあります。特に、中年以降の男性が要注意です。

診察室血圧と家庭血圧で基準が異なります。

できるだけ、血圧は低めにコントロールしたほうがよいとされています。

低リスク~高リスクの3段階にわけて治療方針を決めていきます。

リスクに分けて、薬での治療のスピードが変わります。

降圧目標は年齢や合併症の有無によって違います。

生活習慣の修正を基本にして、降圧薬を使っていきます。

積極的な適応のあるものはその薬を使います。特になければ、Ca拮抗薬やARBから使うことが多いです。

単剤で効果が乏しいときは、相性のよい組み合わせを選んで併用していきます。

(日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」より)


★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

こちらの記事もお勧めです

「高血圧の薬をやめる!」と宣言。副作用より怖いのは何?

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

「いいね」を押して更新情報をGET!

ブログ管理人プロフィール



横浜市緑区 まゆな整体院院長
赤ひげ塾神奈川県支部長&講師
土志田直美


高校1年まで広島で過ごし、高校2年から親の転勤先大阪、大学の4年間は京都で過ごす。

結婚を機に横浜に移り・・・

続きはこちら。

このページの先頭へ