白湯を飲むと痩せるって本当?白湯がもたらす効果とは

白湯を飲むと痩せれるか、、、

結論から言うと劇的に痩せれるわけではないですが、確実に太りにくく痩せやすい体質の手助けをしてくれます。

その効果と正しい飲み方について解説していきます。

白湯とは??

白湯とは冷ましたお湯のことです。

白湯を飲む習慣のルーツはインドの伝統医学アーユルヴェーダからきていると言われています。

熱すぎても冷めすぎても効果が半減してしまうので正しい飲み方で効率よく飲んでいきましょう!

白湯を飲む習慣で得られる効果

1.代謝が上がり脂肪燃焼率がUP

温かい白湯を飲むと内臓機能が温まり全身の血の巡りが良くなります。

その温かい血液が全身に行き届き、体全体がウチから温まっていきます。

内臓温度が1℃上がると基礎代謝も約10%~12%上がるので脂肪燃焼率を上げることができます。

基礎代謝とは何もしなくても生きてるだけで使われるエネルギーです。

この基礎代謝が上がれば上がるほど痩せやすく太りにくい身体が手に入るのでぜひ意識してみてください。

2.むくみ・便秘・冷え性の改善

白湯によって内臓温度が温まることにより、血液の循環が良くなるだけでなく老廃物の排出も高まります。

体内に滞っていた余計な老廃物をお掃除できることでむくみが改善でき、体の中から全身が温まることにより冷え性の改善にもなります。

また水分を取ることで便も柔らかくなり便秘の解消には特に効果が期待できます。

むくみ、便秘、冷えはダイエットの天敵なだけでなく、女性は特に健康にダメージを起こしやすくなる要因にもなるので、ぜひ白湯で改善してみましょう。

3.自律神経の安定

温かいものを体内の取り込むと、身体がポカポカになります。

外的な温まりではなくウチから温まることで人はリラックス効果が上がると言われています。

また白湯によって身体を温める事で血行が良くなり良質な睡眠がとれ、自律神経も安定していきます。

4.美肌になる

項目2でもご紹介した通り、さゆの効果の一つに老廃物を排出し、デトックス効果があります。

そのデトックス効果はむくみや便秘の解消だけでなく、お肌にもいい影響をもたらしてくれます。

デトックス効果の結果、お肌のターンオーバーが整い、美白、肌トラブルの改善にもなります。

”腸美人”は”肌美人”と言われているように、白湯の効果でダイエットだけでなく美肌効果も手に入れ一石二鳥です!!

正しい白湯の作り方

1.ヤカンorお鍋で水を沸騰させる。

少しめんどくさく感じますが、水道水で作る場合はきちんと沸騰させましょう!

沸騰させることで水道水に含まれる塩素や水銀などの不純物が取り除かれます。

2.沸騰してもすぐには火を止めず15分ほど加熱を続ける。

この時ヤカンで作っている方は蓋を開けておきましょう。

吹きこぼれないよう、注意しながら水を入れる量にも気をつけていきましょう。

3.お湯を注ぎましょう!

火を止め、マグカップにお湯を注ぎ、少し待ちましょう。

人肌より少し温かいくらいが飲み頃です。

季節やその日の気分に合わせて40℃から70℃の範囲でお好みの温度で飲んでみましょう。

*インド、アーユルヴェーダの飲み方はきちんと火を通し沸騰させてから飲むやり方です、、、が、、

朝の忙しい時、めんどくさい時、等は電子レンジでもOKです。

しかしその際、電子レンジでは十分な消毒効果は期待できないので、水道水ではなくミネラルウォーターや浄水器を通した水を使いましょう。

電子レンジの場合は150ml~200mlの水に対し500wの電子レンジで約1分半が温め目安です。

その後ヤカン時同様の冷ます目安でお飲みください。

白湯を飲む効率のいいタイミング

1.朝、1番!空腹の状態で

朝食30分前などがオススメです。

空腹の状態で飲むことにより腸の働きが良くなり、基礎代謝を上げることもでき、痩せやすい身体作りを朝からでき、またお通じにも効果があります。

2.食事中

食事中に飲むことで食べ過ぎ防止にも繋がります。

3.夜寝る前

夜寝る前に白湯を飲むことでリラックス効果があります。

身体が温まることで寝付きも良くなり、疲れが取れやすくなります。

また、寝ている間の水分不足や基礎代謝UPにも効果が期待できます。

白湯を飲むときの注意点

1.飲みすぎない。

白湯の1日に飲む量は800mlが目安です。

白湯は身体への吸収がいい分、飲みすぎると必要な栄養素まで出ていってしまう恐れがあります。

そして飲み過ぎは返ってむくみの原因になってしまいます。

また一気飲むのも消化の妨げになってしまい、せっかくの努力が逆効果になってしまうので、

1日の適量を守りゆっくり飲むようにしましょう

2.食後すぐには飲まない

食後は消化の妨げになってしまうと言われているので避けましょう。

食後に飲む場合は食後30分はあけるようにしましょう。

3.冷ましすぎない

お湯を冷ましすぎてしまうと体内の毒素を洗い流す効果が半減してしまいます。

人肌より少し温め、50℃前後で飲むよう心がけましょう。

 

先日お話しさせていただいた良質なお水と今回の白湯を並行して適切な水分量を摂理、

余分な老廃物なくしていきましょう。

 

 

■三位一体開運整えプログラム

詳細はこちら
https://kaiuntotonoe.com/good-luck/trinity-good-luck-adjustment-program/

まずは三位一体開運整えプログラム説明会にご参加ください。

説明会申し込みフォームはこちら

お申し込みと同時に返信メールがパソコンから配信されるよう設定しております。

返信メールが届かないようでしたら、お手数ですが、再度お問い合わせください。

スポンサードリンク



関連記事はこちら