生活習慣病予防のための正しいダイエット6つのアドバイス(後半)

ダイエットに得策もなければ、秘訣もありません。

こちらの記事は美容のためのダイエットではなく、生活習慣病予防、改善のためのダイエットを目的としたものです。

生活習慣病の原因の多くがメタボだったり、肥満だったりします。

予防のためにも、またもし生活習慣病と言われたときの改善のためにも、正しいダイエットに取り組みましょう。

正しいダイエットにも三位一体がキーポイント

ダイエットのために外せない「運動」も「有酸素運動」「無酸素運動」「ストレッチ」の3つが整って初めて最高の効果を発揮します。

正しいダイエット6つのMUSTの後半です。

4、適度な筋トレを生活の中に取り入れる

筋肉がしっかりしているとただそれだけで燃焼してもらえるので、「痩せやすい身体」となります。
大きな筋肉は「筋トレ」で作る事が出来ます。
生活習慣病を意識したダイエットでは「筋肉をつくる」という事より「筋肉を減らさない」という事にフォーカスしたほうが良いでしょう。
大きな筋肉。。腕、足、背中、お腹。
まずはこの大きな筋肉は毎日鍛えても大丈夫です。
筋トレは3~4日に一度…といわれていますが、それは強い負荷をかける筋トレで、ここでご紹介する筋トレは、金繊維を壊すほどのものではなく・・・
腕・・腕立て伏せ。それが難しければ、壁押しでもOK
足・・腿上げ。
腹筋背筋は頑張ってください。
腹筋は首の力で持ち上げないように注意。
プランクもお勧めです(でも、これは結構きつい)

5、有酸素運動も頑張り過ぎない

かつては有酸素運動は、20分を経過したころから脂肪燃焼が始まるので、20分以内にやめてしまうと意味がない・・・と言われていましたが、その説は否定されています。

諸説ありますし、健康の常識はどんどん塗り替えられていますが、1分経過後でも脂肪は燃焼される。

むしろ無酸素運動と有酸素運動を交互に入れていくのが良い‥という説が有効のようです。

一気に全国展開したカー〇スは理にかなっていると思っています。

30分で有酸素運動と無酸素運動を完結させ、最後にストレッチをする。

カー〇スはコンセプトもターゲットもはっきりしているので、そのターゲットに漏れている人には通いづらいプログラムであることが残念ですが、コンセプトを個人の生活の中に取り入れると良いと思います。

有酸素運動の話に戻ると、今迄運動習慣のない人がいきなりジョギングしたりするのはハードルが高いので、まず一日一回汗をかく生活を心がけるのはいかかでしょう?

生活のなアでエスカレータの代わりに階段を使う。移動の際歩く・・・そんなことから始めてみませんか?

6、ストレッチは侮れない

ストレッチの事はこちらのブログの後半で具体的なやり方を書いていますので是非、参考にしてください。

ストレッチ

ラジオ体操もお勧めです。

その記事はこちら

三位一体整え屋風水整体どしだなおみ

三位一体整え屋からのお知らせ
11月以降開催講座&イベント
あなたを支配している数字は?:数秘術&気学ワンディ講座 11月30日(金)13時~15時✴ おうち整体:メソッド:リフレクソロジー講座 11月23日(金&祭) 13時~17時
  12月開催講座&イベント
ワンディ開運講座:あなたのおうちをパワースポットにする講座  12月8日(土)13時~15時+Q&Aタイム
ワンディ開運講座:暦を読む 12月22日(土)&23日(日)13時~15時+Q&Aタイム
  2019年1月開催講座&イベント
整体師が教える「ぎっくり腰、腰痛対策ワンディ講座」 2019年1月27日(日)13時~15時+Q&A
整体師が教える「最強の頭痛解消セルフケア講座」 お申し込みはこちら
三位一体整え屋からのお知らせ:その2
各種無料メルマガ
三位一体整え屋HP
===
こちらの記事もお勧めです⇒生活習慣病予防.com
高血圧の記事はコチラ
糖尿病の記事はコチラ
脂質異常症の記事はコチラ
こちらもお勧めです⇒劇的開運風水指南
 土志田のフェィスブック(お友達申請、お待ちしてます)
===
フェィスブックの非公開グループ:開運体質になるお得情報、発信してます。 ご参加お待ちしています。
【整えましょう。心、身体、おうち】