生活習慣病予防のための正しいダイエット6つのアドバイス(前半)

ダイエットに得策もなければ、秘訣もありません。

こちらの記事は美容のためのダイエットではなく、生活習慣病予防、改善のためのダイエットを目的としたものです。

生活習慣病の原因の多くがメタボだったり、肥満だったりします。

予防のためにも、またもし生活習慣病と言われたときの改善のためにも、正しいダイエットに取り組みましょう。

正しいダイエットには筋肉がキーポイント

食事制限によるダイエットは、筋肉を減らしてしまう危険性がます。

筋肉は脂肪より消費カロリーが大きいので、筋肉量が多ければ基礎代謝も上がり痩せやすい身体になります。

正しいダイエットに一番必要なのは「筋肉を減らさない事」「筋肉をつける事」なのです。

筋肉を上手につける6つのMUST

1、カロリー摂取量を減らし過ぎない。

基礎代謝(安静時に消費するエネルギー)を維持するために必要なカロリーを摂取していないと、身体が飢餓状態に入り、脂肪を燃やすだけでなく、筋肉の燃焼も始まります。
身体は必要とする際低カロリー量は、目安として1日1000㎉以上とされています。(体力、体重、生活レベルにもよる)
摂取する栄養素も大事ですが、まずは一日の摂取カロリーの確保を重視してください。

2、上質なタンパク質を十分摂取する

食べる量だけではなく、何を食べるかも大切なのがダイエット。

ある検証では体重1キロ当たり、2,4グラムのたんぱく質を摂取したグループと、1,2グラムしか摂取しなかったグループの筋肉量を調べたところ、前者のグループが後者のグループの8倍の量の筋肉をつけたという結果が出ています。

良質なたんぱく質には筋肉を作り出すために必要な9種類の必須アミノ酸が含まれている所以です。

つまり、たんぱく質が不足すると、効率よく筋肉が作られず、体重が減るとさらに筋肉が減ってしまうのです。

ダイエットをしているなら、体重1kg当たり1日1.6g以上のタンパク質を摂りましょう。

体重が55kgなら、1日80~90gのタンパク質  の摂取を目指ましょう。

3、上質な睡眠時間を取る

体重を効率的に落とすには、身体に上質な休息が必要です。

睡眠不足だとホルモンが正常に働かないので、コレステロール値が上がり、炭水化物を志望として蓄えてしまいます。

また、疲れていると運動をする気にもならず、生活の中で積極的に身体を動かすこともおっくうになります。

結果、筋肉を作る事が出来ないだけでなく、筋肉を失ってしまう危険性も、あるのです。

睡眠時間をしっかりとりましょう。

一日7~8時間はねられるように心がけてください。

続きは次回・・・・

次回のテーマは運動です。

三位一体整え屋風水整体どしだなおみ

三位一体整え屋からのお知らせ
11月以降開催講座&イベント
あなたを支配している数字は?:数秘術&気学ワンディ講座 11月30日(金)13時~15時✴ おうち整体:メソッド:リフレクソロジー講座 11月23日(金&祭) 13時~17時
  12月開催講座&イベント
ワンディ開運講座:あなたのおうちをパワースポットにする講座  12月8日(土)13時~15時+Q&Aタイム
ワンディ開運講座:暦を読む 12月22日(土)&23日(日)13時~15時+Q&Aタイム
  2019年1月開催講座&イベント
整体師が教える「ぎっくり腰、腰痛対策ワンディ講座」 2019年1月27日(日)13時~15時+Q&A
整体師が教える「最強の頭痛解消セルフケア講座」 お申し込みはこちら
三位一体整え屋からのお知らせ:その2
各種無料メルマガ
三位一体整え屋HP
===
こちらの記事もお勧めです⇒生活習慣病予防.com
高血圧の記事はコチラ
糖尿病の記事はコチラ
脂質異常症の記事はコチラ
こちらもお勧めです⇒劇的開運風水指南
 土志田のフェィスブック(お友達申請、お待ちしてます)
===
フェィスブックの非公開グループ:開運体質になるお得情報、発信してます。 ご参加お待ちしています。
【整えましょう。心、身体、おうち】