脂質異常症とアルコールには関係があるのかを徹底解説!

高脂血症(脂質異常症)とは、血液中に脂質(脂・あぶら)が増加する病気です。

と言うと,脂が一番の悪者のようですが、アルコールとの関係を調べてみました。

脂質異常症には、主に3種類のタイプがあります。

★悪玉(LDL)コレステロールが高い場合

★善玉(HDL)コレステロールが少ない場合

★中性脂肪が高い場合

コレステロールと言えば悪いイメージがありますが、身体の中に存在する大切な生体成分です。

スポンサードリンク



脂質の一種で細胞膜や性ホルモンを作る材料として、食べ物からの摂取の他、

肝臓で作られて全身に血液で運ばれ利用されます。

 

一般に、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL),中性脂肪があり、

この悪玉コレステロールと中性脂肪が生活習慣病の原因として悪いイメージになっています。

=====

こちらは如何でしょう?

整体師が教えるアンチエイジング無料メールセミナー:

血管若返りのための5つの生活習慣

5日間無料メールセミナー

======

悪玉コレステロールは全身にコレステロールを運ぶ働きがあり、

これが多すぎると血管の壁にコレステロールが付着して血液の流れを悪くしたり、

血管壁を参加して血管をもろくして動脈硬化の原因になります。

 

動脈硬化が進むと高血圧、眼底出血、糖尿病など生活習慣病を引き起こしたり、

ある日突然狭心症や心筋梗塞で生命の危機にもつながります。

 

脂質異常症とアルコールの関係

脂質異常症の予防や改善は「食事」「運動」休養」です。

 

その中で「食事」、とくにアルコールと脂質異常症の関係について考えてみましょう。

何かと悪者扱いされてしまうアルコールですが・・・・

適量のアルコール摂取は、善玉コレステロール(HDL)が増加するので、

動脈硬化の予防になります。

 

また、アルコールを摂取すると顔が赤くなることからわかるように血管を広げて、血行を良くする作用もあります。

 

スポンサードリンク



 

逆にアルコールの摂取が過剰になると、肝臓で中性脂肪の合成が促進され、

中性脂肪値が上昇します。

 

更に善玉コレステロール(HDL)が減少し、結果として悪玉コレステロール(LDL)が増えてきます。

 

アルコールの過剰摂取は肥満や高血圧の原因にもなるので、動脈硬化の進行をさらに加速させます。

 

脂質異常症とアルコールの関係は決して悪いものではなく、適量のアルコール摂取はむしろお勧めです。

 

では、アルコールの適量とはどのくらいでしょうか?

 

アルコールは一日25g以下が適量とされています

(他の合併症などがある場合は変わってきます)

アルコールが20~25gに相当するアルコール飲料は

★ビール・・・中瓶1本(500ml)

★日本酒・・・1合(180ml)

★焼酎・・・0.5合(90ml)

★ウィスキー・・・ダブル1杯(60ml)

★ワイン・・・グラス2杯(200ml)

※あくまでも目安であり個人差があります。

実際に脂質異常症の人は、過度のアルコール摂取が原因の場合が決して少なくありません。

こんな場合は、まず禁酒が最も優先される治療となります。

そうならないためにも常日頃からアルコールとは適度な関係を保って長く楽しみたいものです。

 

ここで嬉しいワインと脂質異常症の関係をご紹介しましょう。

ワイン

動脈硬化の原因が悪玉コレステロールであることはお話しましたが、

この悪玉コレステロールが血管内で酸化され、これをやっつけるマクロファージと言う貧食細胞酸化された

悪玉コレステロールをどんどん食べていきます。

 

そして、食べつくした挙句に死滅し、この死滅したものが血管壁を厚くもろくします。

これが動脈硬化です。

 

赤ワインに含まれるポリフェノールは悪玉コレステロールの酸化を抑制する働きがあり、動脈硬化を防ぐと言われています。

(現段階では,ヒトでの確認はできていませんので、防ぐ可能性があると言うところです)

 

まとめ

アルコールの過剰摂取と脂質異常症の発症には密接な関係がありますが、

アルコールも上手に付き合うと「百薬の長」

 

特に赤ワインに含まれるポリフェノールは、動脈硬化を予防する可能性があるといわれています。

 

いずれにせよ、適量を守って、アルコールと良い関係でお付き合いしていけるといいですね。

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

      こちらの記事もお勧めです

脂質異常症とアルコールには関係があるのかを徹底解説

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ