脂肪分の制限がかかる脂質異常症ですが、お砂糖はどうでしょうか?

以前脂質異常症と甘いものの関係について記事を書きましたが、

今回は「砂糖」に特化してご紹介したいと思います。

 

以前の記事はコチラ→脂質異常症と甘いのもの関係について

スポンサードリンク



 

まず、お砂糖の種類について

砂糖は飲み物やお菓子だけでなく、煮物、焼物、たれ、漬物などのさまざまな料理に使います。

そんな日本の食文化が、砂糖に豊富なバラエティをもたらしたと言っても過言ではありません。

ここでは、数ある砂糖の中からいくつか代表的な種類を紹介しましょう。

上白糖・・・日本で使用されている砂糖のうち約半分を占め、もっとも多く使われている砂糖です。

結晶が細かく、しっとりとしたソフトな風味の砂糖で、料理、お菓子、飲み物など何にでも合います。

白砂糖とも呼ばれます。

グラニュウ糖・・・上白糖よりも結晶の大きい、極めて高純度な砂糖です。

クセのない淡泊な甘さを持つので、香りを楽しむコーヒーや紅茶に最適です。

また、素材の風味を活かせるので、菓子用や料理用にも広く使われます。

三温糖・・・黄褐色をした砂糖で、上白糖やグラニュー糖に比べて特有の風味を持っており、甘味も強く感じます。

煮物や佃煮などに使うと、強い甘さとコクが出ます。

白ざら糖・・・結晶がグラニュー糖より大きく、無色透明で光沢のある砂糖です。

一般的に家庭で使われることは少なく、高級菓子やゼリー、果実酒などに多く使われます。

中ざら糖・・・黄褐色をした砂糖で、グラニュー糖よりも結晶の大きい砂糖です。

表面にカラメルをかけているので、独特のまろやかな風味を持っています。

煮物のほか、奈良漬けや福神漬けなどの漬物にも使われます。

粉砂糖・・・グラニュー糖を粉砕した砂糖。

粒子が細かいので、クッキーやケーキなどの洋菓子のデコレーションに多く利用されます。

氷砂糖・・・氷のように見える、とても大きな結晶で、そのまま食べられます。

また、溶けるのに時間がかかるので果実酒を作るのに最適です。

角砂糖・・・グラニュー糖を四角に固めたもので、コーヒーや紅茶に使われます。

また、1個の重量が決まっているので、お菓子や料理用にも便利です。

顆粒状糖・・・固まりにくく、溶けやすいのが特徴の、多孔質、高純度な砂糖。

冷たい飲み物やヨーグルト、フルーツにかけても。

黒砂糖・・・さとうきびの搾り汁を煮詰めて砂糖にしたものです。

お茶請けなどとしても人気があり、濃厚な甘さと、強い風味があります。

沖縄県や鹿児島県の南西諸島で作られています。

和三盆・・・日本の伝統的な製法で作る淡黄色の砂糖です。

結晶の大きさが非常に小さく、口溶けがよいので、高級和菓子の原料として利用されています。

砂糖は「人殺しの三白」と表現されることもありますが、それはさておき、これだけの種類があり、

それぞれに酔う目的がありますので、上手に使っていけるといいですね。

 

注:人殺しの三白とは、一般的には、白砂糖、白米、化学調味料を指し、精製されたものや化学的なものをNGとするものです。

土志田は、その件に関して否定はしませんが、あまり突き詰めて考えてしまうと今の時代食べるものがなくなってしまうので、

中庸であればよいかと思います。

こちらは如何でしょう?

整体師が教えるアンチエイジング無料メールセミナー:血管若返りのための5つの生活習慣

5日間無料メールセミナー

ここでは脂質異常症の中の中性脂肪と砂糖の関係についてご紹介しましょう。

アルコール摂取の習慣もなく、脂っこいものもあまり食べない人でも、

脂質異常症(高トリグリセライド血症)の方は結構存在します。

その原因は糖質です。

甘いものはもちろん、ご飯やうどん、そば、パスタにパン。

いわゆる食物繊維以外の炭水化物全般が中性脂肪の原因になる食べ物です。

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

      こちらの記事もお勧めです

脂質異常症とアルコールには関係があるのかを徹底解説

スポンサードリンク



関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

「いいね」を押して更新情報をGET!

ブログ管理人プロフィール



横浜市緑区 まゆな整体院院長
赤ひげ塾神奈川県支部長&講師
土志田直美


高校1年まで広島で過ごし、高校2年から親の転勤先大阪、大学の4年間は京都で過ごす。

結婚を機に横浜に移り・・・

続きはこちら。

このページの先頭へ